忍者ブログ
院長のひとり言です。 はじめのうちは真面目なネタを書いているかもしれませんが、ひねくれ者なのでちょっとふざけた内容も書くかもしれません。軽く流してくださいね。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 こちらのページで長くブログを書くのは初めてになります。なんだか、”新しいノートを使うときの1ページ目は妙に字が丁寧”みたいな心境で、このブログもまじめな事を書いたほうがいいのかな・・・と思ってしまいます。最初だけなんでしょうけど。 

 そういえば数年前から、自分の身の回りで結婚式が多発しています。んん~ご祝儀で結婚式貧乏になりそうです。それはさておき、先日読んだ、結婚式に関する記事を思い出したので紹介します。

 幸せな結婚ができる「ジューンブライド」、直訳すると「6月の花嫁」ですね。6月に結婚した花嫁は幸せになれるという意図がありますが、もともとはヨーロッパからの伝承で、その由来は様々な説があるようです。

 ①6月(June)という月名が、ローマ神話の結婚をつかさどる女神”Juno”(ギリシャ神話では女神ヘラ)からきているため、婚姻と女性の権利を守るこの女神の月に結婚すれば、きっと花嫁は幸せになれるだろうとあやかったという説

 ②その昔、ヨーロッパでは3,4,5月のい3ヶ月間は結婚が禁止されていて、6月は結婚が解禁になる月であったため、6月になって一斉にカップルたちが結婚し、周りの人達からの祝福が最も多い月だったという説

 ③ヨーロッパの6月は1年中で最も雨が少なく良いお天気が続き、はつらつとした季節が始まることで若者の季節と呼ばれ、加えて復活祭も行われる時期であることから、ヨーロッパ全体が祝福ムードで溢れることで6月の花嫁は幸せになれるという説

 など、たくさんの説があります。ヨーロッパの6月は雨が少なく、爽やかな時期。そう考えると日本で梅雨の時期にわざわざ式を挙げる理由は無いのかもしれませんね。

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/06 ミスファイアリングシステム]
[08/17 kanenashi]
[06/09 rabbit]
[05/31 rabbit]
[05/30 rabbit]
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者ブログ [PR]